協会からのお知らせ

2023年1月31日

スッタニパータ「犀の経典」を読む

スッタニパータ「犀の経典」を読む
クリックするとAmazon販売ページに移動します。

スッタニパータ「犀の経典」を読む(紙書籍&電子書籍)
著者:アルボムッレ・スマナサーラ長老
版元:サンガ新社

最古層の仏典「犀の経典」
全41偈を明解に解説!
————
◆宮崎哲弥氏推薦!◆
「犀の角のようにただ独り歩め」とは
あらゆる関係性からの独立宣言であり、
仏道を照らし出す灯火のような一句なのだ。
————

4910770135

「犀の角のようにただ独り歩め」というフレーズで有名な「犀の経典」は、初期仏教経典「スッタニパータ(経集)」の第一「蛇の章」に収められている。全41篇の偈(詩)で構成されたこの最古層の経典は、覚りに達した聖者の見地から、私たちが生きる世界がどのようなものかを明らかにしていく。スマナサーラ長老の明解な解説で「犀の経典」の真意を理解し、自身の心を観察することで、悩み苦しみの原因を発見することができるだろう。「犀の経典」は自分の心に内在している汚れを落とし、自由を獲得するための教えなのである。

【目次】
序文 宮崎 哲弥
「犀の経典」の読み方
1 幻覚から目覚める
2 自由に生きる家生活です
3 善き友と歩む真理の道
4 無色透明の心
5 聖なる人は素顔で生きる
6 心の独立宣言
7 聖者は風のように

【本文より抜粋】
◆自己観察して悩み苦しみの原因を発見するためのマニュアル◆
この「犀の経典」は、自己観察するための、自分自身の悩み苦しみの原因を発見するためのマニュアルです。経典を読みながら、自分の心を観察してほしいのです。観察することで、「なぜ自分に悩み苦しみが生まれるのか?」という、その原因が見つかります。

◆内在している汚れを落とし自由を獲得するための教え◆
「犀の経典」は、外界ではなく、自分の心に内在している汚れを落として、自由を獲得するための教えです。理解できる人は、苦しい社会で苦しみなく生きられます。悩み・嫉妬・落ち込み・憎しみ・不安・恐怖などの感情で満ちているこの世で、安穏・安心に生きられるのです。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~