あなたとの対話 (Q&A)

スマナサーラ長老による
質疑応答集

スマナサーラ長老皆様から寄せられた、悩み苦しみ憂い悲しみ、仏教に関する素朴な疑問・質問、専門的な疑問・質問・反論などに、スマナサーラ長老がお釈迦さまの見方・方法からお答えになったものです。協会の機関紙『パティパダー』連載中の「釈尊の教え・あなたとの対話」と、当ホームページに寄せられた御質問を併せてご紹介しています。

新着記事

  • パティパダー2013年2月号(186)

怒りを治療するエゴイスト宣言/ギャンブルと五戒/不安や孤独との付き合い方/こころの汚れと思考

怒りを治療するエゴイスト宣言 自分を顧みると、怒る性格が強いようです。以前はその怒りを他に向けていたのですが、自分にも向けるようになっています。なんとか前に進みたいと思い […]

  • パティパダー2013年1月号(185)

「全体性」とテーラワーダ/思考はなぜ現実化するのか?/「私の存在」とは何か?/固定概念を無くす方法/来世でブッダに会いたい

「全体性」とテーラワーダ スマナサーラ長老が著者ではないヴィパッサナー瞑想の本を読むと、よく全体性という言葉が出てきます。特に、ティクナットハン師から影響を受けていると思 […]

  • パティパダー2012年12月号(184)

身体と心のバランスは業が関係していますか?/趣味が業におよぼす影響とは?/なりたい仕事や歩むべき道は業と関係しますか?

身体と心のバランスは業が関係していますか? 身体と心についてうかがいたいです。身体の状態(病気、怪我)などに引きずられるように心の状態が悪くなってしまいます。それはやはり […]

Q&Aインデックス


慈悲の瞑想とヴィパッサナーの道筋

先月は、慈悲喜捨の瞑想についてお聞きしていましたが、一番むずかしいとおっしゃっていた「捨」の瞑想について、もう少し教えていただけますでしょうか。 「捨」の瞑想実践方法につ […]

心のサティ

体の状態というのは、それなりに簡単にサティすることができますが、心のサティはどのようにするものですか。 サティの実践から智慧が生じてくるようにするためには、心と身体を両方 […]

ヴィパッサナー瞑想のときの精神状態

ヴィパッサナー瞑想をやれば、睡眠時間が少なくてもいいとか、睡眠時間が少なくても熟睡できるとかいう話を聞きましたが、そんなことがあるのでしょうか。 あります。まあ、そんなこ […]

修行の楽しさ

瞑想状態のことでお聞きしたいことがあります。眠気もなく、痛みもなく、非常にさわやかに静の状態に入っているときに、背骨なら背骨でいいのですが、どこかに何かあるエネルギーみた […]

今の瞬間に幸福を得る方法

先月のお話の中で、幸福は「今」得るものだというお話がありましたが、目標に向かって苦労し、結果、幸福を得るという考え方はおかしいのでしょうか。 一生懸命苦労して、畑を作って […]

瞑想を一歩前に進めるために

ヴィパッサナー瞑想をしていて、車の走る音や風を身体に感じることと、おなかの縮みを感じることとが一度に起きた瞬間、とまどいを感じました。肌で風を感じている感覚はあるのですが […]

穏やかで幸せな心をつくる方法

いつも穏やかな気持ちでいたいと思うのですが、自分がいくらがんばっているつもりでも、喧嘩を始めた二人の間に居合わせたり、いろいろな場面で動揺させられることが多いのですが、そ […]

個人の喜びと善行為の関係

以前、先生のお話の中に「善行為」「悪行為」という言葉がありました。行為とはなんでしょうか。また、善行為と悪行為の違いについて説明いただけますでしょうか。 まず、行為という […]

善行為とは何か

他人のものを自分の方へ引っ張ろうとすると、相手はかえってぎゅっと握ってしまう。個人主義的な喜びを追求すると、ほんの小さな喜びを得るために、大きな苦しみを味わわなくてはなら […]

瞑想の目的と方法論の詳細

悟りへの道~感受(テープ)を聞く中で、触によって誘発される感覚すらも超えることによって悟るとありましたが、行為についていちいちにサティ、もしくはラベリングすることによって […]

[2020年11月]コンテンツの追加作業に伴い、いままでカテゴリー分けしていた記事をタグで分類する方式に変更しました。従来のカテゴリー別インデックスはこちらからご覧ください。ただし、2020年11月以降に追加される記事はカテゴリーには反映されませんのでご了承ください。

疑問・質問の窓口

仏教に関する疑問や質問、協会機関紙『パティパダー』の記事についてのご意見等をお寄せください。
電話でのご質問や、手紙・FAXの送り先は、「事務局」ボタンのリンク先ページをご参照ください。メールでのご質問、掲示板への書き込みについても下記リンクをご利用ください。